脱毛サロンでは永久脱毛できないの?

永久脱毛とは

永久脱毛とは、文字の通り永久的に一生ムダ毛が生えてこない、と思ってはいませんか?しかし永久脱毛とは、残念ながらそうではないのです。

米国電気脱毛協会(American Electrology Association)によると、永久脱毛の定義では、「最終脱毛から2年後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」とされています。

つまり、永久脱毛とは、長期間にわたり薄毛状態を維持できる脱毛方法、だと捉えるべきでしょう。

肌の状態にも普通肌や敏感肌があるように、毛の状態毛穴状態にも個人差があります。

電気脱毛などの脱毛によって、同じ施術を施しても、ほぼ永久的に毛が生えてこないという人もいれば、2年後くらいには少しは生えてくる人もいるといったことが考えられます。

ちなみに脱毛を行なう医療機関やエステサロンや脱毛サロンにおいては、「永久に脱毛できる」とは、言ってはいけないことになっているようです。

永久効果が高い脱毛方法

脱毛方法にもいくつかありますが、脱毛効果の最も高い脱毛方法だと言われているのが、針を使った脱毛方法です。

つまり、電気脱毛の中でもニードル脱毛と言われている脱毛方法です。

ニードル脱毛は、毛根に刺激を与えて破壊する方法ですから、毛が生えてこない可能性は比較的高い、と考えられます。

しかし、その分針を毛穴一つ一つに刺していくので、時間がかかり、金額もたかく、さらに肌のトラブルの可能性もあります。

こういったことから、現在ではニードル脱毛を行なうサロンや医療機関は少なくなり、レーザー脱毛が増えています。

永久脱毛はできるのか

永久脱毛は完全にできる、とは言えない、ということなのですが、半永久的に脱毛することは可能なようです。

レーザー脱毛による脱毛を経験した人の多くは、初回から脱毛効果を実感している人が多いようです。

脱毛とは、1度行なったからといって、脱毛したい部分が完全に脱毛できるわけではありません。何度か施術をうけることによって脱毛は完了します。

そのため、個人差もあるので残念ながら、完全にツルツルな肌になる人もいれば、そうでない人もいます。

しかし、育毛とは全く反対の視点でみると、毛穴に刺激を与えることを繰り返すことによって、毛根の働きが鈍くなり、毛が生えなくなると考えることができます。

こう考えると、定義としては永久的に脱毛はできない、となるのですが、ほぼ永久脱毛に近い状態になる可能性はある、と言えるのではないでしょうか。